旦那さんの家事手伝いに文句を言ってはいけない

      2017/03/11

この記事は約4分で読めます。

 

最近では、奥さんの大変さを理解し、旦那さんも積極的に家事を手伝う人が増えています。

 

でも、よくやっちゃうのが、旦那さんのやり方に対して、指摘してしまうことです。

どうしても、家事の仕事であれば、あなたの価値感が基準となり、旦那さんのやり方に対して、どうしても注意を促したくなるのは良くわかります。

 

でも、人によってやり方が違うということは、理解してあげてください。

サラリーマンの旦那さんであれば、仕事の価値感を部下に伝えすぎると、やる気がなくなってしまうことをよく知っていると思いますよ。

 

多くの部下を持つようになると、自分との仕事の価値感が違うことを実感することできます。

家事も仕事の1つです!!

そのやり方を奥さんの基準(当たり前)で、押し付けてはいけません。

スポンサードリンク

折角、家事手伝いを使用と思った旦那さんのやる気を損なってしまうのです。

 

 

他人と身内との違いがありますが、気の使い方が全然違いますが、

もし、あなたが旦那さんに家事を手伝ってほしいと願うのであれば、

上手にマネージメントすることで、あなたの仕事が楽になるのです。

 

 

あなたは家庭の中では、マネージャー!!

指示する側であれば、家族であっても、あなたの立場は、上だと思ってください!!

いわゆる仕事でいうと、上司ということです。

 

いい上司とは、あれこれ、指示するだけではありません。

部下に仕事を任せることができ、その結果に対し、フォローできる上司が、信頼を獲得できる上司です。

 

また、いい働きに対しては、しっかりと褒めてあげ、やる気を最大限に引き出すことを心がけましょう!!

 

 

仕事の正しいやり方を伝えることは悪くないのですが、伝え方によって、相手の行動が変わってくるんです。

 

例えば、あなたは組織を動かすマネージャーだと思ってください。

部下を動かすために、どんなフィードバックをしますか??

 

「それは、違う!!こうしなさい。ああしなさい!!ほんと、あなたはできない人よね!!」

 

頑張ろうとしている人にとって、こんな言葉を受けたら、どうでしょう??

例えば、あなたが、パートをしていて、同僚もしくは、責任者から同じようにに言われたら、どう思いますか??

 

僕なら、即パートをやめるか、相手を論理的に詰めて、メタメタにしていると思います(笑)

 

自分がされて悲しいことだとわかるはずなのに、

家事に関することになると、あなたはエキスパートですから、ついつい、旦那さんには、強く言ってしまうんですよね、、、

だって、旦那さん雑なんですものっ!!

あなたが口を出したくなるのは、よく分かります。

でも、せっかく旦那さんがあなたの苦労を理解して、

家事の手伝いをしようと行動したのであれば、暖かく見守ってあげることも大切です。

 

特に男性は褒められると、やる気が出てしまう単純な生き物です。

あなたが上手く、コントロールしてあげれば、大変な家事も、上手く役割分担することができるでしょう。

 

 

もし、こだわりが強いのであれば、旦那に任せない選択肢

 

もし、あなたがあれやこれやと、旦那さんに文句を言いたくなってしまうのであれば、

家事手伝いに参加させることを辞め、任せずに相手の出る間がないくらいやってしまいましょう。

 

でも、この事に関しては、絶対に愚痴をこぼしてもいけませんよ。

 

最終的には、あなたにとって、精神的にどっちが楽かを考えてみてみましょう。

あなたが労力を使うのか、上手く旦那さんをコントロールして、マネージメントするのか??

 

僕は労力を使うよりも、知能を使ったほうが賢いと思いまけどね、、、

 

 

 

 - 夫婦編