堅苦しく考えなくていいよ!!素直な気持ちが家族論☆

【関西のテーマパーク】USJの入園料が高い!家族で安く楽しむなら、ひらパーがおススメ!!

      2017/06/01

この記事は約5分で読めます。

小さなお子さんには不向きかもしれないUSJ

関西で有名なテーマパークといえば、USJではないでしょうか?

 

でも、1人大人6,650円で、子供でも4,980円。

2人子供2人の家族で行けば、23,260円という、結構、高額な値段になってしまします

 

しかも、遠方から宿泊となると、交通費や宿泊代がかかり、

10万円くらい必要になるのではないでしょうか?

 

確かに、1度も訪れたことのない場合であれば、経験として遊びに行くことも悪くはありませんが、

家族で関西のテーマパークに訪れようと考えるのであれば、ひらパーがおススメです。

 

特に、お子さんが未就学児であれば、身長制限があり、USJで遊べる乗り物というのが、限られています。

おそらく、手に数えるほどではないでしょうか?

スポンサードリンク

 

しかも、かなり身長制限に厳しい。。。

1ミリでも身長が満たしていないとすると、絶対に乗り物に乗らしてくれないのです。

※ちょっと、言い過ぎかもしれませんが、、、

 

92㎝以下であれば、乗り物はほとんど乗れないといっていいでしょう。

※アトラクションの鑑賞は可能です。

 

ひらかたパーク(ひらパー)は、未就学児の味方

  • 大人4,400円
  • 子供3,800円

4人家族で、1,2000円で行けてしまします!!

※上記値段は、入場料+フリーパスで乗り放題です。

 

別に、僕は、ひらパーのまわしものでもありませんので悪しからず、、、、

 

ほぼUSJの入場料の半額の値段で、1日という同じ時間を楽しく過ごす事ができるでしょう!!

 

 

 

身長制限がない乗り物が沢山あって、小さな子供でも親子で楽しめる

どちらかというと、USJは大人や小学生以上向けで、未就学児の小さいお子さんと一緒に行くのであれば、

絶対にひらパーの方が、大人も子供も一緒に楽しむことができます。

 

確か、子供が4歳くらいの時に、子供用のジェットコスターにも乗ることができて、

振り落とされないか、必死で守っていた記憶があります。

子供用と言っても、大人でも結構フワッと感がきますよ。

 

関西でUSJの次に入場者数が多いのがひらかたパーク(ひらパー)

 

関東の方にとっては、ひらパーというテーマパークに馴染みがないかもしれませんが、

関西人でひらパーを知らない人は、ほとんどいないくらいかなり有名な場所です。

 

実は、関西来場者数、第2位という実績があるテーマパークなんです。

 

都心から少し外れているので、宿泊費も安いところが多い

遠方から来られるのであれば、宿泊費も結構負担になります。

 

USJ付近の公式ホテルに泊まるのであれば、結構良い値段してしまいます。

 

ひらパー公式ホテルなんてありません、、、(笑)

 

近くの宿泊施設を利用することで、賢く安く家族で旅行することができます。

 

 

とにかく混雑フリー

良いのか悪いのか、USJのように4時間待ちなんてことは、絶対にありません。

 

人気の乗り物でも、長くても、1時間くらいでしょう。

平日であれば、もっと空いていると思います。

 

気軽に遊園地の乗り物を楽しむことができますので、これが本当の乗り放題だと思います!!

 

例えば、ジェットコースターをのり終わった5分後にまた乗れる解放感!!

 

僕自身はこの環境は、最高だと思っています。

 

子供にとっても大人にとっても、待ち時間がないということは、

かなりストレスフリーになり、楽しめるのでないかと思っています。

 

 

イベントも盛り沢山

子供が喜ぶ、プリキュア、仮面ライダー、戦隊もののショーが開催される日もありますので、

ホームページでチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

関西ならではの、吉本芸人による漫才も活発に行われているようです。

遠方の方なら、いつもと違う楽しい旅行になるのではないかと思います。

 

ひらパーの年パスは割高な気が、、、

  • ひらパーは、大人17,000円、小学生14,000円
  • USJは、大人22,800円、子供16,800円

<大人部門>

  • ひらパーは1年で3.9回ほど行けば、ペイできます。
  • USJは3.5回です。

若干ですが、年パスであれば、USJの方がお得感がありますね。

 

<子供部門>

  • ひらパーは、3.7回になります。
  • USJは、3.4回です。

 

子供にとっては、USJの方が、年パスは優しい気がしますが、親子で訪れるなら、

フィフティー&フィフティーというような感じではないでしょうか!?

 

 

 

確かに、ローカル感はハンパないですが、小さなお子様と一緒に行くのであれば、ひらパーの方が大人も子供も

記憶に残る思い出ができるのではないのかと思います。

 

 

 

 - 家族編