育児に疲れたら専念しない!!自分らしさを大切にしても子供は育つ

      2017/02/10

この記事は約3分で読めます。

dog-813103_640

子供が生まれてからは、家事もなかなか手付かずで育児中心の生活になってしまいがちで、自己嫌悪にも陥りやすい時期でもあります。

子育てについて、様々な悩みや苦労を沢山の方から聞き、自らも経験していますので、その大変さよくわかります。

 

しっかり、ご自身もいたわりなが、子育てを楽しめるような環境を作っていくことで、

子育てをしながられでも、自分らしさを作っていくことができます。

 

絶対に頑張りすぎないことが大切

woman-506120_640

初めて子供を出産し、育児するであれば、親として繊細になってしまうのは、経験した事がありますので、よくわかります。

子供の事に過敏になってしまいますよね。

 

でも、よく聞く話ですが、

二人目の子供は、慣れている事もあり、あまり手をかけていない人もいますので、

スポンサードリンク

肩の力を抜いて、育児する気持ちの方が、かえって子供の成長にも自立心が芽生えたりします。

 

あまり過敏にならないように心がけて、育児によるストレスを解消していきましょう。

 

 

とはいえ、子供の命は大切です。

 

まだまだ、何が危ないのかなど、判断がつきません。

階段に落ちないか、アクセサリーや小さなおもちゃなど飲み込んでしまわないか、子供の身の安全だけは、必ず守ってあげてください。

 

今の状況が毎日続くわけではない事を知っておこう

beach-1192125_640

子供も1歩ずつ成長しているわけですから、

いつまでもこの状況が続くわけではありません。

 

2歳、3歳と子供が大きくなってくると、少しずつ手が離れていくようになっていきます。

逆に今の経験が嘘のように懐かしく思えるでしょう。

 

出産も同じですよね。

時間が過ぎてしまえば、もう大きな思い出となっているのではないでしょうか?

 

辛さを乗り越えたからこそ、喜びを感じることができるんです。

今という時間は、戻らないので、子供の成長段階をしっかりと見届けてあげましょう。

 

また、子供が大きくなるに連れて、一緒に喋りながら、歩いて遊びに行けるようになります。

お出かけの幅も増え、大人も楽しめるスポットに行けるので、もっと楽しい時間をすことができます。

 

子供に合わせるのではなく、大人に合わせる

youth-570881_640

自分のやりたい事の中で、今、子供と一緒に何ができるかを考えることです。

 

極論を言えば、大人が子供に合わせるのではなく、子供が大人に合わせるような環境を自然と作ることができる人が、

ストレスフリーで育児を楽しめるようになっていきます。

 

でも、子供が無理やり合わさせるのではなく、やりたいと思わせるのは、親の仕事です。

 

例えば、あなたが温泉が好きだったとすれば、子供も温泉好きになるように、仕向けてあげる事が必要です。

まぁ、小さな頃から、色々連れていけば、自然と好きになってしまうと思います。

 

そうなれば、子供が大きくなった時も共通の趣味として、いい親子関係を築くことができるでしょう。

 

さすがに、小さい赤ちゃんの時は、子供に合わせるしかありませんが、

それでも、育児をしながらでも、お昼寝など時間を見つけ、その時に出来るやりたい事を探してみてください。

 

親としての立場と個人としての立場をちゃんと区別する事で、

自分らしさを保つことができますし、心の豊かな人生を送ることができます。

 

あなたの人生は何田で作るものです。子供も大切ですが、あなた自身の人生も大切です。

そのことを隅っこでもいいいので、忘れずに豊かな人生を、、、

 

 - 子供編