今の時代、一人っ子はかわいそうではない!古い考えはもう御免

      2017/12/01

この記事は約9分で読めます。

一人っ子は、絶対にかわいそうではない件

 

「一人っ子は、かわいそうだと思うよ」とか。「二人目は?」

なんて、周りの人達から言われた事、もうアルアルですよね。

 

僕が、みんなの分まで、声を大にしてい言いましょう。

どぅぅぅぅうるせーわっ!!

 

これからのライフプランなんかは、夫婦で決めていくもので、

どんな人生を歩むのかに、ずかずかと土足で入ってきては、いかんのです。

 

自分がオジイちゃんになった時は、絶対に言わないように、反面教師としてちゃんと受け止めておこうと思います。

 

ホント、奴らは「子犬を飼ったらどう?」みたいに気軽に言ってきますからねー。

子犬でも、命を預かる重みを考えると、僕は気軽になんて飼えませんから。

スポンサードリンク

 

特に姑さに言われると、その場は平然と受け答えすると思いますが、内心イラッとしますからね。

 

何をもって、絶対かわいそうと断言しているのか、僕にはよく理解できません。

例えば、”かわいそう”という人が、生涯一人っ子で、苦労話なんかを聞かせてくれるんだったら、まだ、分かりますよ。

 

それでも、かわいそうという結論は、おかしいんですが、、、

基本的には、かわいそうというのは、自分自身で使う言葉ではありませんし、

あなたが、かわいそうと思っているだけで、本人の心境なんて聞いてみないことには、分かりませんよ。

 

例えば、ご自身が2,3人子供が欲しいと願っていて、夫婦で「2人目は?」って、

相談しあうのであれば、全然問題ないと思うんです。

 

でも、他人が言ったらダメでしょ。

なので、そんな姑の薄っぺらい言葉は、素無視でいいと思うんです。

 

まぁ僕は、男3人兄弟の末っ子なんですが、兄と会う機会も1年に数回あるかないかぐらいなんで、

今の段階では、兄弟が絶対に必要かというと、そうではないと思います。

 

子供の頃、良く殴られましたからね。。。

そこまでいい思い出ないですよ。

 

いずれにせよ、自分の人生なんですから、兄弟どうこうとあまり関係ないような気がします。

スポンサードリンク





 

なぜ、姑などの団塊世代の人は「一人っ子は、かわいそう」と言うのか?

 

特に団塊世代のご両親などは、兄弟が多くいた時代ですので、兄弟の必要性を主張してくる人が多いのかもしれません。

終戦後に生まれた人にいろいろと話を聞いていると、日本もまだまだ貧しい国だったそうなんです

 

そんな背景を考えると、

家族が多いほうが、生産率は高く、人数が多いほうが働き手が増えるという発想だったんだと思います。

 

また、本能的に人間は体力が弱っている時に、子作りに励むそうで、食料など十分に食べれなかったとも聞きます。

海外の貧しい国とか、テレビで見たら子供の数がすごくないですか??それと一緒の状態だったんです。

 

なので、古い考えを持っている、おじいちゃん、おばあちゃんにとっては、

そんな思考が強いので、一人っ子は可哀想という考えがあり、ついつい言ってしまう訳なんです。

 

でも、今の日本は昔と違いますよね!?

 

情報処理能力のスピードとIT技術革新の発展が、人数勝負の体制ではなくなってきて、

一人あたりのパフォーマンスを最大限に引き出すことが、今の時代において、非常に重要になってきてるんです。

 

また、人工知能の発達においても、人の労働も不要になってくる時代がやって来ようとしています。

逆に子供の数が多いほど、1人あたりにできる教育投資などが、少なくなってしまうので、

一人っ子の方が有利な時代になると僕は考えています。

スポンサードリンク



 

兄弟の必要性を実際に子供に聞いてみた

 

子供にとって、本当に一人っ子がかわいそうなのかと言うと、兄弟がいようがいまいが、あまり関係ないみたいです。

 

実は、僕の子供も一人っ子で、4,5歳の時、兄弟について聞いてみたんですが、

「赤ちゃんいらない、1人のほうがいい」って、主張してました。

 

子供には何も吹き込んでないのにもかかわらず、こう言っているですから、間違いはないと思います。

 

とはいえ、僕自身も少し不安になっていた時もあったので、ネットで調べたときもありました。

そしたら、実際に一人っ子で良かったと思う人もも数多くいるようでした。

 

なので、例え一人しか子供がいなくても、心配しなくても大丈夫ですし、

誰に何と言われようが、気にする必要ありません!!

 

スポンサードリンク




一人っ子である事のメリット

 

あくまで、ここでは一人っ子であるメリットになりますので、

一人っ子は最高だぜーというわけじゃないので、お間違えないようにお願いします。

 

あなたの価値感を大切にしてください!!

 

自分の時間を大切にできる

 

 

子供が小さいころは特に、子育てだけに時間が割かれ、自分の時間がなかなか取れない状況だと思います。

僕もできるだけ子育てに参加していたので、目が回るような思いは、すごくわかります。

それを365日、子育てしているママには、敬意を払いますね。

 

それが、2人目、3人目となるとなった場合、

当たり前ですが、子育ち中心の生活が一人っ子の方より長く続きます。

 

子育ては、理性で行うものじゃないかもしれませんが、

そこを十分に理解したうえでのライフプランを計画する必要があると思います。

 

よく子育てするお母さんから、子供のために生きている感覚に陥ることがよくあって、

誰のための人生かよくわからなくなってしまします。という悩みを聞くことがあります。

 

症状が悪化してしまうと、鬱になってしまう可能性もありますので、

あなたの性格やビジョンを持ったうえで、臨んでください。

スポンサードリンク




 

子供だけが、未来の希望ではない

 

今の時代、子供中心の社会ではなくなってきているように思えます。

僕の周りには、子育てをしながらも、未来に希望をもって、キラキラ輝いている大人が多くいます。

 

子育てインストラクター、経営コンサルタント、陶芸作家、FXトレーダー、アロマエステ経営などなど

 

グローバル化に伴い、ローカリズムがどんどんと進んできて、

大人にとっても、子供にとっても、可能性しかない個人の時代がやってきています。
もし、自分の夢や、やりたい事、実現したいことがあるのであれば、

一人っ子という選択は、すごく贅沢な生き方なんだと思います。

家族、子供、自分の未来のすべてのいいとこ取りすることで、

今の時代にあった、幸せなハイブリッド生活を送ることができるんだと思います。

 

最大限に子供の教育投資ができる

 

 

子供が1人だけであれば、子供が習い事に行きたいと言えば、無理せずに教育投資することができます。

 

これが、2人、3人となってくると、掛け算ですから、2倍、3倍と費用がかかってきます。

 

経済的な資源は、無限にあるわけではないので、単に子供が多いほうがいいよね。というのではなく、

どんな家族構成で、どんな生き方をしたいのか?

 

自分自身のあるべき姿をしっかりと考え、子供視点も視野に入れつつ、しっかりと人生設計を感がるべきなんじゃないかと思っています。

あなたは、どんな未来を待ち望んでいるのか?!

 

スポンサードリンク





 

結局のところ、あなたが決める未来

 

 

結婚もしたい!子供も欲しい!自分の自己実現も叶えたい!!

そんな方には、一人っ子で、幸せだなぁ思えるのではないかなぁと、個人的に思います。

 

先ほども言いましたが、子供にとっても、必ず、兄弟の必要性を感じているわけではありません。

これは、一人っ子として、生まれてきた成人の男女の調査からも、そのように回答いただいています。

 

家族みんながどのような人生を送りたいかをしっかり考え、話し合い、あなたの未来を作っていくかだと思います。

これだけは革新的に言えるのですが、子供が何人いようが、

あなたの判断に間違いは存在しない事。絶対に後悔はしないことが大人としての責任なんだと思います。

 

 

 

 - 子供編