嫁がめっちゃ怖い!!でも、男として本当にそれでいいのか?

      2017/03/13

この記事は約4分で読めます。

女性は口がうまいので、あれやこれや言い負かされることが多いと思います。

 

おそらく、嫁さんが怖いといっても、力では男性である、あなたの方が強いので、

生死にかかわることで、恐怖を感じている訳ではないでしょう。

 

言葉や演出によって、嫁さんを怖いと感じているだけなんです。

 

なので、言葉に太刀打ちするには、言葉を鍛えるしか方法がありません。

決して、力でねじ伏せようとするのは、ルール違反です。

 

夫婦関係をこのままにしていいいのか?

別に喧嘩をしなくてもいいのです。

 

現状を相手に伝えるだけで、怖い嫁さんもだんだんと変化していきます。

 

調査によれば、90%の男性は、嫁さんのことが鬼嫁と感じているのに対し、

スポンサードリンク

70%嫁さんは、自分の事を鬼嫁と思っていないことがわかっています。

 

つまり、自分の真実の姿を見たことがないのです。

 

嫁に真実の鏡を向ける

あなたが見えている嫁の姿や言われた言葉を彼女自身に見せてあげることです。

感情的になっている嫁さんは、理性を失ったスーパーサイヤ人3くらいの状態です。

 

自分がどんな顔をしているのか?どんな罵声を言っているのかをちゃんと伝えるのです。

 

たまに、動画でも撮って見せてあげたいなぁと思ったりもしますが、

さすがにそこまですると、殺されそうなきがするので、

相手の言葉の復唱だったり、「こんな顔になってるでー」って、顔真似したりします。

 

「あなたの今の姿を鏡で見てきなさい!!」とビシッと言ってもいいでしょう。

 

 

 

時には、怒りを表に出すことも重要

あなたの優しさが、彼女を鬼嫁にさせいている可能性もあるので、

「キレたら、怖いんだぜぇ!!」という一面も相手に見せておく方がいいしょう。

 

でも、絶対に感情的にならないことっ!!

そして絶対、嫁さんに手を出さないことっ!!

この2が絶対ルールです。

 

この2つ以外ならまあ、問題ないでしょう。

最大限に大きな声を張り上げて威嚇することも演出として、アリだと思います。

 

腹式呼吸を使って、相手の声をかき消すぐらい怒りを表現してみたらいいのではないかと思います。

あくまで、演出ということを忘れないでください。

 

 

人としてのモラル感を否定する

嫁さん自身を否定してはいけません。

また、女性としても否定をしてあげてはいけません。

 

あなたが男としてのプライドを傷つけられると、キレちゃうのと同じです。

 

なので同じ人間としての立場で、嫁さんの行動やモラル感を否定してあげましょう。

 

例えば、

  • 子供のいる前で、そんな怖い顔していいのか?
  • 人として、その行動はどうなんだ?
  • その言葉を外でもいっているのか?
  • 他の人(知人、友人など)がその姿を見たとき、どう思うのか?

言葉のポイントとして、相手に考えさせる質問を投げかかるようにすれば、

鬼嫁もいい返す言葉がなくなるでしょう。

 

 

子供を味方につける。

5歳、6歳くらいになれば、子供もどちらが正しいことを言っているか理解しています。

ただし、あなたが間違った行動をしていたら、子供が味方になってくれるわけがありません。

 

「嫁さんの罵声がよく飛んでくるのであれば、あなたは冷静な判断をする」とかね。

正しい行動ほど、強いエネルギーを持っているんです。

 

そうすれば、必然的に子供があなたの味方についてくれて、あなたが何も言わなくても、

子供が嫁さんを注意してくれます。

 

子供からの言葉って、結構重いですからね。

子供は、自分の姿を映し出す鏡となってくれることでしょう。

 

 

 

 - 夫婦編