自分の感情的な心をコントロールする!ポジティブとネガティブの世界

      2017/07/26

この記事は約4分で読めます。

woman-918981_640

1.感情をコントロールする方法

人間には、感情があるから、嬉しかったり、悲しかったり、それぞれのシチュエーションによって、

心が動かされてしまうことがあります。

 

 

うまく自身の心をつかみ、それぞれの場にあった感情を意図的にコントロールしていく必要があります。

 

他人の心は支配できないですが、自分自身の感情はコントロールすることができます。

 

様々なシチュエーションで、空の上から自分を見下ろす第三者の自分を作ることができれば、今の自分を冷静にとらえることができます。

 

「今の思考は、ネガティブな考え方だぞ!」客観的に理解することです。

感情的な要素と客観的な要素を2つ持ち合わせておくことで、感情に振り回されない心を作ることができます。

 

ネガティブはよくないとか、ポジティブがいいとか、そんな話ではなく、どちらも使い分ける必要があるので、

感情と客観性は自身に持っておく必要があると考えます。

スポンサードリンク

 

ベースとして自分自身の主軸は、ネガティブ思考なのか、ポジティブ思考なのか理解しておくべきです。

 

そうすることによって、主軸の考え方と違う思考になった時に、今はネガティブに振れているのか、

ポジティブに振れているのか、客観的に理解することができます。

 

 

ネガティブ思考は、リスク管理の要素を持っているので、決して悪い考え方ではありません。

 

でも、ネガティブ思考によって、行動をストップさせられるのは、問題があります。

「もし、自分が行動を起こすことによって、不幸なことが起きたらどうしよう。」

ネガティブ思考であれば、この結論として、行動を起こすのをやめておこうと考えてしまうのです。

 

ポジティブは、問題解決思考だと思ってください。

「自分が行動を起こせば、みんなを幸せにするに決まっている。」

ポジティブ思考であれば、根拠のない自信でも、行動を起こしてしまうでしょう。

 

常はポジティブに振れている方が、人生を生きやすいと思いますが、

それだけでは、失敗しやすいので、ネガティブとポジティブの両方を使い分けることが重要です。

そうすれば、ちゃんとリスクを回避しながら、よい行動実行することができます。

 

「常にポジティブに振れている方が、人生を生きやすい」というのは、

ポジティブに物事をとらえることができると、イラとする言葉や行動をいったん受け入れることができて、

感情をコントロールすることができます。

 

たとえば、嫁が勝手にキレて「あなたの稼ぎが悪いから、私たちは苦労するのよ~~」みたいなことを言ったとしましょう。

 

普通、そんなこと言われたらキレるでしょっ!!

でも、言い合っても、結論は出ないんですよ、、、

 

いったん、ポジティブにとらえてみて、「確かに収入は十分ではないし、家族に苦労かけてるよな」って、

受け止めてみます。

 

ここで、終わらしてもいいのですが、嫁の本当の悩みを聞き出して行くのであれば、

STEP2として、相手の神髄を攻めていきます。

 

2.真相への深堀(さらに理解を深め、問題解決への糸口を見つける)

相談

パターンはいろいろありますが、

「収入が少なくて、どういうところが、一番苦労って感じる?」とか

「具体的にいくらくらいの収入があれば、幸せを感じれる」

「収入が多かったら、どんなことがしたい?」

「私たちって、子供もそう感じてるの?」

 

大体、相手は感情的に物事を言っているだけなんで、

ほぼほぼ、答え持っていなくて、言葉に詰まってしまうか、

その場その場の愚痴を言うだけで、いろいろ聞くと矛盾だらけの回答になると思います。

 

相手の感情を受け止めるっていうことをイメージしやすいのが、

「風の谷のナウシカ」で、ナウシカとキツネリスの”テト”が初めて出会うシーンで、

テトが人間に怯えている状態をナウシカが、安心させようと「おいで」っと呼びます。

そして、動物の本能的になのか、敵対心むき出しで、ナウシカの手を「がぶっ」っと、咬み付いてしまします。

ナウシカは、抵抗することなく、痛みを我慢しながら、テトの心が落ち着くまで咬ませます。

テトは、冷静になり、ナウシカは敵ではないと理解し、心を打ち解けることができました。

 

こういうことなんだと思うんですよ。

 

普通、「痛って~~。こっちは、歩み寄ってやってるっているのに、このリスみたいなヤツ。あほか~。」

って、なりますよね、、、(笑)

 

相手を受け止める大きな器を作るために、自分自身を成長させていくことが、

より信頼関係の高い夫婦生活をおくることができます。

 

まとめ

  • ネガティブやポジティブは意図的にコントロールしていく
  • できるだけ、ポジティブな考えで、相手の話を受けいれる方が生きやすい
  • 妻の愚痴や怒りは警告と捉え、問題解決の糸口を見つける
  • 自分自身の成長こそが、幸せをつかむことができる

 - 夫婦編