堅苦しく考えなくていいよ!!素直な気持ちが家族論☆

ほぼ犯罪!そんなリスク背負ってまで不倫がしたいか?

      2017/02/21

この記事は約2分で読めます。

どうもこんにちは、くりおです。

不倫をしてる方もそうでない方も、知っておいたほうがいい不倫のリスクについてお伝えしていこうと思います。

 

逆に不倫している人って、すごい覚悟を持っているんだなぁと、

あまりいい意味ではないですが、感心してしまうほどです。

 

ばれようが、ばれまいが、かなり大きなリスクを抱えているということを認識したうえで、不倫に挑んでください、、、

 

不倫がもたらす3つのリスク

 

1.100万払ってまで、浮気したい??

 

不倫をするということは、慰謝料というリスクを背負うことになります。

状況によっても変わってくるのですが、相場的におよそ50万~300万円の慰謝料が請求されます。

 

さらに不倫相手に対しても、30万から200万くらいの慰謝料を請求されます。

 

飲酒運転でも100万円以下の罰金ですよ、、、

 

それでも、ばれなければOKと思いますか?

スポンサードリンク

 

2.離婚に発展した場合、養育費の支払うリスク

 

離婚に至った場合は、さらに養育費が4万~6万円程度、毎月支払う必要があります。

 

この重荷を背負って、もし不倫相手と再婚なんて考えているのであれば、どんな幸せな生活が待ってると思いますか!?

 

 

3.お金だけではない、道徳的な倫理リスク

 

不倫をしている親を見て、子供がどう感じると思うか考えてみましょう。

 

もし、自分自身の親が不倫をしていたら想像してみてください。

 

絶対に親を嫌いになると思います。憎しみと共に軽蔑もするでしょう。

ましてや、将来、親の介護なんてしたいとも思わないでしょう、、、

 

もうこれって、ほぼ犯罪者と同レベルにじゃないでしょうか!?

 

 

 

不倫して、再婚しても、夫婦関係は本質的に今と同じ

 

男女とわず、

今の夫婦関係に不満があったりして、不倫に走ったとしても何の解決にもなりません。

 

もし、今の状況で不倫相手と再婚したとしても、

数年後には、今と同じ状況で、また不倫を繰り返し、さらなる負債を背負うことになりかねません。

 

人間は誰しも自分が大切で、嫌なことが起きれば、他人のせいにしたがります。

 

例えば、セックスレスだったとしましょう。

そんな場合、相手が嫌がっているっと、人のせいにしてしまいがちです。

相手が嫌がるにも理由があるはずなんです。

 

他人事から自分事に置き換えて、今抱えている不満を改善につなげてください。

 

不倫するにも、いろいろな事情があると思いますが、現状の家庭環境に目を向けて、

どうすれば、幸せになれるかを考えた方が先決です。

 

幸せな家族が増えるだけで、経済的にも日本の未来は明るくなると信じています。

 

1人でも多くの笑顔が訪れますように、、、

 

 

 - 夫婦編