家族がいるから自分の時間がないお父さんの対処法

      2017/01/25

この記事は約4分で読めます。

nayami

結婚もできて、妻がいる。子宝にも恵まれ、すくすくと成長してきた。

これを世間一般的に幸せと呼ぶのだろう、、、。

でも、自分の時間がないんだよっ!!

 

仕事から帰れば、暖かい家庭が待っていて、休みの日には、家族団らんの平和な時間。

でも、でも、自分の時間が全然ないんですよ~!!

 

僕もそうだったので、よくわかります。毎日が目まぐるしく、なかなか自分の時間がもてないんです。

そんな、お父さんのために大切な自分を最大限に使いまくる方法をお伝えします。

 

頑張るお父さんのために、自分の時間を満たすための対処法!

clock-650753_640

注意点として、感覚的に「自分の時間がない」と、捉えてしまわないようにしてください。

スポンサードリンク

忙しいお父さんにも、必ず自分を満たせる時間は必ずあります。

 

でも、もし口癖のように時間がないと言ってしまっている場合は、要注意です。

あなたの欲求がどんどん溜まっていってしましますので、かなり危険です。

今の幸せな環境がストレスと感じ、ストレスが体内にたまっていくと、うつ病になりかねません。

自分のやりたい事をやって、ストレスをコントロールしていきましょう。

 

自分の時間=1人の時間と思い込まない

burnout-384083_640

例えば、自分の好きなことを共有できる友人と一緒に時間を過ごすことは苦になりますか?

特別な理由がない限り、それは自分の時間になるはずです。

 

それは、共通の目的をもって、同じ価値感を分かち合っているからこそ、

何のストレスもなく自分の時間として楽しむことができるのです。

 

ここが、すごく重要なポイントです。

 

同じ価値感を分かち合うこと!!

 

普段の生活の中で、同じ価値感を持っている妻、子供がいれば、自分の時間がないとは感じないのです。

なぜならば、嫌でも家族がやりたいとせがんでくるからです。

 

自分のやりたいことをお願いされたら、断る理由もなく進んでGOでしょう!!

そんな環境や考え方を作るのが、自分の時間を作るための秘訣なんです。

 

自分の好きなことを奥さん、子供に興味付けする

listen-1702648_640

自由な時間が欲しいという感情は、自分がやりたい事を思い通りにできない時に、感じてしまいます。

 

もし、自分のやりたいことを家族と一緒にできるのであれば、何のストレスも感じることはありません。

なので、奥さんや子供に自分のやりたいことの魅力を感じさせ、興味付けをさせる必要があります。

 

単に自分よがりにその良さをストレートに伝えても、相手は魅力を感じることができません。

まずは、相手を知ることから始めましょう。

少し難しいかもしれませんが、相手の欲求を知ることです。

 

例えば、ダイエットしたいと思っている奥さんであれば

相手のニーズをしっかり理解したうえで、ダイエットに関連づけて、興味付けをしていけば、その魅力を感じることができるでしょう。

 

奥さん、子供の好きなことに興味を持つ

elderly-114328_640

相手に自分の好きなことを興味付けするより、自分が相手の好きなことに興味を持つ方が、難易度は低いです

まず、知ることが先決なので、奥さんやお子さんに何で楽しいのか、どんなところが聞いてみましょう。

そして、本やネットなどで、情報を収集するのもいいでしょう。

 

変なプライドや先入観を持たずに知識レベルで何が楽しいのか知ることが先決です。

知ったうえで、あなたが判断すればいいだけなんです。

 

家族共通の時間を持つことができれば、休日の時間がものすごく楽しい時間になり、

家族と過ごすことも楽しくなってきてしまいます。

そうなれば、自分の時間がないとも思わなくなってしましますので、

あなたの心は自由に開放されてしまいます。

 

家族とか、そんなんじゃないんだぜー!!とりあえず、1人がいい!!

man-921004_640

という人におすすめなのが、、、、

 

平日休みの仕事(シフト業務)にすれば、自分の時間が増える

ということなんです!!

 

大体の人は、みんなの休みが一緒の土日祝だと思います。

それをずらすだけで、自分の時間は急激に増えてしまいます。

そんな時間を使って、自分の行きたい場所に一人で出かけることも可能です。

 

保育園、小学校のお子さんであれば、平日いないことが多いと思います。

転職は、少し勇気のいることかもしませんが、価値感というものは、人によって違います。

これからの長い人生を考えたときに、自分のやりたいことをすると言うのが、あるべき姿になっていくのではないでしょうか?

 

 - 家族編